中里隆 作 唐津鉄釉角切皿

SKU:

中里隆 作 唐津鉄釉角切皿

SKU:
定価 ¥11,000
/
  • 在庫あり、出荷可能
  • 在庫の確認
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

径:13.7×14.1cm
高さ:4.5cm
箱:箱無

人間国宝・第十二代中里太郎右衛門(無庵)の五男で、当代随一の人気作家。唐津だけにとどまらず、日本各地、世界各地にて作陶活動を展開されています。食通としても知られており、自らも料理をするため洗練された食器を制作し、料理人にも多くのファンがおられます。

1937 人間国宝中里無庵の五男として唐津に生まれる
1961 第十回現代日本陶芸展にて、陶彫「双魚」第一席受賞
1967 世界各国を一年間旅行
1971 小山富士夫氏の推薦により種子島にて築窯
九月に日本橋三越、大阪高島屋にて種子島焼の初個展
1975 唐津に帰り、唐津市見借に築窯
小山富士夫氏より隆太窯と命名
現在 唐津とコロラド(アメリカ)のアトリエを中心にデンマークなど
世界各地にて製作活動中


※商品の色、質感につきましては、ご利用されるモニター環境、ブラウザによって、画面と実際の商品の色が多少異なる場合がございます。