唐津焼の作家

1157 件

唐津焼は、室町時代末から桃山時代にかけて、岸岳城主波多氏の領地で焼かれたことが始まりとされています。その後、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に、朝鮮陶工を連れて帰 り、その陶工たちが各地で窯場をつくり焼き始めたことで、唐津焼の生産量は拡大していきます。
登り窯や、蹴ロクロ、釉薬法など、朝鮮渡来の技術の導入によって作風や種類も豊かになり、全国に流通したことで唐津焼は日本を代表する焼物となり、西日本では焼物のことを「からつもの」と呼ぶほどまでに有名になりました。
また、古くから茶の世界では、「一井戸、 二楽、三唐津」という茶碗の格付けがあるように、茶の湯の名品として多くの茶人に愛され、江戸時代には唐津藩の御用窯として発展しました。
長い歴史の中で培われた先人の技を継承し、現代作家の新たな感性を取り入れることで、それぞれの窯元に独自の作風が生まれています。この伝統と革新の中で育まれた多彩な表情こそが、世界中のファンを虜にする唐津焼の魅力なのです。

    1157 件
    田中孝太 作 斑ぐい呑
    ¥11,000
    田中孝太 作 朝鮮唐津ぐい呑2
    ¥11,000
    田中孝太 作 黒唐津盃
    ¥11,000
    田中孝太 作 朝鮮唐津盃
    ¥11,000
    田中孝太 作 黒唐津茶碗
    ¥66,000
    十四代中里太郎右衛門 作 唐津ぐい呑2
    ¥55,000
    十四代中里太郎右衛門 作 斑唐津ぐい呑2
    ¥55,000
    十四代中里太郎右衛門 作 唐津ぐい呑1
    ¥55,000
    十四代中里太郎右衛門 作 朝鮮絵唐津皿
    ¥220,000
    石井義久 作 白磁面取徳利 No.67
    ¥11,000
    石井義久 作 白唐津茶碗 No.16
    ¥66,000
    石井義久 作 朝鮮唐津壷 No.12
    ¥110,000
    石井義久 作 斑唐津大皿 No.10
    ¥55,000
    石井義久 作 朝鮮唐津大皿 No.9
    ¥110,000
    石井義久 作 唐津茶碗 No.1
    ¥77,000
    福田和祐 作 刷毛目フリーカップ
    ¥2,200
    福田和祐 作 刷毛目丸猪口2
    ¥3,300
    十四代中里太郎右衛門 作 唐津磁白地黒掻落し碗皿
    ¥165,000
    十四代中里太郎右衛門 作 斑唐津向付(五客組) No.10
    ¥137,500
    岡本修一 作 黒唐津菱文小鉢
    ¥4,400
    中里健太 作 青白磁花入
    ¥110,000
    中里太亀 作 唐津南蛮徳利
    ¥22,000
    竹花正弘 作 天川茶碗 No.24
    ¥55,000
    竹花正弘 作 天川ぐい呑 No.16
    ¥13,200
    内村慎太郎 作 割高台ぐい呑
    ¥25,300
    内村慎太郎 作 井戸徳利
    ¥36,300
    丸田宗彦 作 刷毛目徳利
    ¥44,000
    丸田宗彦 作 朝鮮唐津羅漢皿
    ¥99,000
    丸田宗彦 作 唐津井戸茶盌
    ¥275,000
    岡本作礼 作 唐津黒高麗割山椒
    ¥5,500
    矢野直人 作 白瓷面取花入 No.11
    ¥88,000
    田中孝太 作 みしま角皿
    ¥4,950
    田中孝太 作 肥前狛犬(中) 
    ¥44,000
    中里太郎右衛門窯 唐津三島湯呑
    ¥11,550
    中里太郎右衛門窯 朝鮮唐津茶盌
    ¥66,000
    岡晋吾 作 白瓷鎬カップ
    ¥6,600
    岡晋吾 作 白瓷高台面取小鉢
    ¥15,400
    岡晋吾 作 白瓷鎬小湯呑
    ¥6,600
    岡晋吾 作 白瓷面取湯呑
    ¥9,900
    岡晋吾 作 瑠璃面取湯呑
    ¥9,900