十四代中里太郎右衛門 作 唐津太郎右衛門青掻落し茶盌

SKU:

十四代中里太郎右衛門 作 唐津太郎右衛門青掻落し茶盌

SKU:
定価 ¥440,000
/
  • 在庫残り1点
  • 在庫の確認
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

直径:12.4cm
高さ:8.5cm
箱:共箱後日

太郎右衛門先生が長年手掛けられている掻落しの技法に、先生が独自に「太郎右衛門青」と命名された瑠璃色の釉薬をかけられた、たいへん美しい茶碗です。
形は椀なりで、高台は少し開いたバチ高台になっています。
手取りもちょうどよく、お茶会で使えばとても華やかで目を引くお茶碗だと思います。

十四代 中里太郎右衛門

昭和32年 十三代 中里太郎右衛門の長男に生まれる
昭和54年 武蔵野美術大学 造形学部彫刻学科 卒業
昭和56年 同大学大学院 修了
昭和58年 十三代 中里太郎右衛門陶房にて作陶を始める
昭和59年 第16回日展にて叩き青唐津手付壺「貝緑」初入選
平成12年 第5回アジア工芸展にて文部大臣賞 受賞
平成14年 十四代 中里太郎右衛門を襲名する
平成15年 第50回日本伝統工芸展にて「叩き唐津焼締壺」入選
平成17年 第52回日本伝統工芸展にて「唐津井戸茶碗」入選
     以後、平成22年まで6回入選
平成19年 日本工芸会正会員となる
平成23年 唐津市政功労者表彰を受ける、紺綬褒章受章


※木箱と一緒にお送りするため、木箱制作にお時間をいただいております。予めご了承ください。


※商品の色、質感につきましては、ご利用されるモニター環境、ブラウザによって、画面と実際の商品の色が多少異なる場合がございます。